岩盤浴とサウナの違い

岩盤浴とサウナの違いとは

岩盤浴とサウナは似ているようで違います。岩盤浴のほうがサウナよりも得られる効果が大きい!その秘密を教えちゃいます。

岩盤浴とサウナは同じ?いいえ違います!

岩盤浴は温度の高い部屋に敷かれた石の上に寝転んで汗を流すスタイルです。
温度の高い部屋に入って汗を流すとなると、サウナと同じでは…?と思う人もいることでしょう。
確かに、岩盤浴とサウナは似ています。が、似ているだけで同じではないのです。

岩盤浴とサウナでは、得られる効果が異なります。
岩盤浴のほうが合っている人、サウナのほうが合っている人それぞれいますので、違いを把握して自分自身にあったものを選びましょう!

岩盤浴は内側から温める!

岩盤浴はサウナよりも温度が低く、湿度も程よくありますので、サウナよりは暑くなく過ごしやすくなっているのが特徴です。
岩盤浴は敷かれている岩盤から遠赤外線やマイナスイオンが放射されているので、身体を内側から暖める効果があります。
汗腺ではなく、皮脂腺から汗が出ますので、それにより毒素や老廃物が流れていくのです。

サウナはむくみや余計な水分を吐き出す!

サウナは岩盤浴と違い、体を表面から温める効果があります。
高温で温めることで、体のむくみや余計な水分を取り除いてくれます。ダイエットに直接結びつくよりも、痩せやすくなると考えたほうがいいでしょう。
体が温まって汗をかくことで血の巡りが良くなりますので、新陳代謝がよくなり、スッキリした体になります。
一方、岩盤浴と違い、遠赤外線やマイナスイオンの放射がないので、体の内側から温める効果はありません。

サウナと岩盤浴の併用もOK

上記のように違いがあるサウナと岩盤浴ですが、必ずしもどっちかしか利用しないとダメというわけではありません。
サウナと岩盤浴はそれぞれ得られる効果が違いますので、併用するとよりたくさんの効果が期待できます。

ですが、どちらも非常に体力を使いますので、体調に応じてこまめに水分補給をしながら利用するようにしましょう。